トイレの床が水浸し?トイレと床の隙間からの水漏れについて | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.05.05

トイレのトラブル

トイレの床が水浸し?トイレと床の隙間からの水漏れについて



毎日欠かさず使うトイレですが、トイレに入ったら足が濡れた・水が漏れていた、などの経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。要因はさまざまありますが、トイレの便器と床の接続部分(隙間)から水漏れが起こることがあるのです。そして、根本的な対処というのは素人ではできません。今回はそんなトイレと床の隙間からの水漏れについて、原因から対処法、また気になる費用についてご紹介いたします。

なぜそんなところから水漏れが起こるのか?

まず、なぜ床との接続部分から水漏れが起こるのでしょうか。ここでは考えられる原因を5つ、ピックアップしていきます。

・便器の結露により水が滴り落ちている
接続部分から水が漏れてしまった、とは少し違う話になりますが、寒暖差によりタンクや便器が結露し、水滴が落ちていくことで床が濡れることがあるでしょう。特に、ユニットバスの場合はこういった現象が起きやすいです。トイレ自体の故障ではないことがほとんどですので、換気扇を回すなどの対策で改善されます。

・設置時に起きていた問題
できればこういうことはあってほしくありませんが、専門業者によって便器を設置・修理などした際に、配管部分との接続部分がずれてしまったために水漏れが起こることもあります。この場合、家庭内での対処ではどうしようもできないため、業者による修理が必要です。

・床下排水管の劣化
この場合も業者対応が必須ですが、トイレの床下の排水管が劣化によりヒビ割れなどしていると、その部分から漏れた水が床に染みてしまいトイレから水漏れが起きているように見えることがあります。あくまで排水管の問題でトイレ自体の水漏れではないので、根本的な対処については水道業者が行う内容です。

・便器のヒビ割れ
では、トイレ本体の原因というと、便器がひび割れしている場合にこういった水漏れが起こるケースがあります。しかし、何か物をぶつけたり落としたりしたとしても、頑丈な陶器でできている便器はめったに割れることはないでしょう。まずは他のことが原因となっていないか確認した方が、解決が早いかもしれません。

・ウォシュレットの接続部分で起きるトラブル
ウォシュレットと給水管の接続部分で、接続不良や部品の劣化から水漏れが起こり、便器を伝って水が床に垂れてしまうこともあります。部品交換などの対応となりますが、細かい部分の原因を探っていくことは素人には難しいことも多いので、業者へ相談すると良いでしょう。

また、結露の場合と似たように便器との隙間からの水漏れとは別の話ですが、タンク上部で手洗いをする箇所(手洗い管)から水が止まらなくなり溢れてしまうなどで床が水浸しになることもあるでしょう。なお、手洗い管は反対に水が出ないという状況になることもあります。

そのほか、単純にタンク内部でポタポタと水漏れが続いていたことが原因となり、床との隙間から水が滲むように漏れてしまうこともあります。これらは自分で対処できるケースもあるので、具体的な修理方法を次にご紹介いたします。

原因ごとの対処法について

これらの原因がわかったところで、先ほどは業者へ相談するべき項目は既にお伝えいたしました。では、自分で対処できることはどんなことがあるのかを見ていきましょう。

前述のタンク内での水漏れが起きている場合は、止水栓を閉めてから、劣化しているタンク内の浮きゴム(水流調節の部品)を交換するなどで改善することがあるでしょう。ちなみに、この浮きゴムがうまく機能せず水の流れが止められなくなることは、手洗い管から水が止まらない問題も解決してくれます。

また、タンク内の水量調節をしているオーバーフロー管の劣化などでも、タンク内で水が止まらなくなることがあります。ご家庭でそれぞれ部品を交換することも可能ではありますが、作業が難しい方は、そこまで費用もかからず業者に依頼ができるので、放置せずに早めに相談するようにしましょう。

なお、手洗い管については水が出ないというトラブルが起こる場合もあるとお伝えしましたが、こちらの対処法もご紹介いたします。手始めにできることとして、まず止水栓を止めてから、止水栓またはタンクについているフィルターの掃除がおすすめです。使わなくなった歯ブラシで磨くなどで十分なので、こちらのトラブルでお悩みの方はぜひお試しください。

それでも改善がなければ、タンクの蓋を開けて、ホースが破れていないか・ダイヤフラムが劣化や故障していないか、チェックしてみましょう。それぞれの部品を交換しても水漏れが直らない場合は、業者へDIY対処した状況を踏まえた上で、早めに相談することをおすすめします。

修理費用の目安

業者や水漏れの状況によって費用は異なりますが、目安として基本料・出張料が3,000~4,000円、別途部品代、そして作業代という内訳がほとんどでしょう。排水管が原因で起きるさまざまな症状には、大まかに作業代は1万円前後と考えておくと良いかもしれません。タンク内や手洗い管に水が止まらない場合は、2,000~5,000円程度などといったように状況によっても変動するので、しっかりと見積もりを出してもらうことをおすすめします。

ひょうご水道職人は、神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市など兵庫県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所など、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にひょうご水道職人にお問い合わせください。

上矢印アイコン