トイレの床が濡れている!考えられる原因と対応とは | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.05.05

トイレのトラブル

トイレの床が濡れている!考えられる原因と対応とは


トイレからの水漏れ

毎日使用するトイレは清潔な状態を保ちたいものです。しかし、ある日突然水漏れが起きて床が水浸しになることもあります。ほとんどの場合は、便器と床の接合部分からの水漏れです。水漏れの後処置が遅れることで、既に床材が水を吸っていたり、床下に水が落ちてしまっている場合は、床材が腐敗したり、カビが発生する危険性があります。

さらに、階下へ水漏れしてしまうとマンションなどの集合住宅でしたら損害賠償を求められるケースもあるのです。水漏れが起きてしまったら、早急に原因を解明し、適切な処置をすることが大切になります。

水漏れした後の応急処置

まずは止水栓を右回りにしっかりと締めてください。止水栓はトイレの奥の壁側にあることが多いです。濡れた箇所をしっかりと乾拭きし、アルコールなどで消毒してください。そして水漏れの箇所の特定を始めます。

原因と対応

便器と床の間からの水漏れには、さまざまな要因が考えられます。それでは、良く見られるいくつかのケースをご紹介しましょう。

1.トイレの設置不良
もしトイレの買い替えや家のリフォーム、新築後の水漏れでしたら、トイレの設置不良による水漏れの可能性があります。トイレを設置する際に便器と排水管との接続部分がずれており、そこから水漏れをしているケースです。便器の中に墨汁や絵の具などを垂らして一晩放置して、床に着色した色が滲み出ていたら設置不良である可能性が高いです。施工した業者やメーカーに問い合わせて対応してもらいましょう。

2.排水管のひび割れや劣化
トイレの床下の排水管から水漏れしているケースも考えられるでしょう。排水管の寿命は素材によって異なりますが、亜鉛メッキ鋼管は約20年、炭素鋼鋼管は20~25年、塩化ビニール管は約30年、鋳鉄管は35~40年と言われています。配管補修用のテープで応急処置をすることは可能ですが、最終的には交換することをおすすめします。

3.ウォシュレット接続部分からの水漏れ
ウォシュレットの横から水が漏れているケースでは、ウォシュレット本体とパイプの結合部分の緩みや、給水管やホースが劣化して損傷している可能性があります。本体とのつなぎ目や、ナット部分を確認して、部品が緩んでい壊れていないか確認しましょう。緩みであれば、レンチなどを使って部品を締め直すことで水漏れを修理できる場合があります。

4.便器のひび割れ
非常に強度が高い陶器を使用している便器ですが、ごく稀にひび割れを起こすことがあります。踏み台にしたり、物を当てたりと外的な損傷が加わることが破損につながるのです。破損した場合は便器の交換が必要になります。

5.結露
トイレは湿度が高い場所なので、結露が発生しやすくなっています。タンクや便器内の水と室内の温度差で結露が起きている場合は、タンクや便器下の床部分にカバーをつけることである程度結露を回避できます。また、こまめな換気や除湿剤を設置することも、効果があるおすすめの方法です。

6.タンクからの水漏れ
トイレのタンクからのポタポタと水漏れの場合、タンク内のゴムフロートやボールタップという部品の異が原因と考えられます。ゴムフロートとは、トイレのレバーとつながっているゴムでできた部品で、水流を止めるフタの役割を担っている部品です。ボールタップは浮き球を水量と共に上下させることで水の流れを管理する水栓のことです。これらが劣化することで、水の流れを堰き止める事ができず水漏れにつながります。このような場合は、新しい部品への交換が必要になります。

7.配管の緩み
水を流す時だけポタポタと水が漏れている場合は配管の緩みやパッキンの劣化などが原因です。緩みをレンチなどで締め直し、パッキンを新しいものに交換する事で解決します。

水漏れの予防

水漏れはさまざまな原因が考えられ、場合によってはパーツの修理や交換など複雑な作業が必要になる事がわかりました。では、どのようにして水漏れを防ぐ事ができるでしょうか?

月に一度はタンク内を掃除する、接続部分が緩んでいないから確認するなどのメンテナンスはトラブルの早期発見や予防につながります。しかし、どんなに丁寧に使用してもパーツの劣化は避けられません。便器やタンクに使われる陶器はとても丈夫ですが、タンク内で使われている部品の殆どは、5年が交換のタイミングで10年が寿命と言われ、配管やパッキンは15年が交換のタイミングとされ、20年が寿命と言われています。つまり、経年劣化による水漏れはどこでも起こり得るトラブルなのです。

交換作業であればご自身で行うことも可能ですが、メーカーからの部品の取り寄せは時間がかかることもありますし、使っていた部品が廃盤になっているケースもあります。また、思わぬ箇所の破損が見つかる場合もありますから、プロの目線での修理を依頼してみませんか?

ひょうご水道職人は姫路市、西宮市、尼崎市、明石市など兵庫県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際はぜひ気軽にひょうご水道職人までお問い合わせください。

上矢印アイコン