トイレの水は節水できる?自力でできる節水術をご紹介! | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.05.05

トイレのメンテナンス

トイレの水は節水できる?自力でできる節水術をご紹介!


トイレは多くの水を消費している

トイレは毎日使用するものであり、家族がいればその分だけ使用頻度も多くなります。一度に多くの水を流すため、家庭の水道代を圧迫しているケースも珍しくありません。

古いタイプのトイレでは一度に10リットル以上の水を流しているため、一度の使用で複数回にわたって流し、家族がいる家庭では非常に多くの水が消費されているのです。そのため、トイレの節水を行うことは家庭の支出の節約に直結すると言えます。そこで今回は、自力でできるトイレの節水術を紹介いたします。トイレの節水を行い、支出の節約に努めてください。

一回で流す水の量はトイレのメーカーによって異なる

水洗トイレが一度に流す水の量はメーカーによってそれぞれです。最近では、どのメーカーもECOニーズに対応すべく省エネの商品を多く開発しています。従来のタンク式のトイレでは一度に10リットル以上の水を消費していましたが、最新のトイレでは4リットル程度となっており、その差は歴然です。

トイレに限らず、最近の家電は省エネ仕様になっているため、買い替えを検討してみるのもおすすめです。メーカーによって技術に差があるため、省エネ性能にも差が出てきますが、それらを調べていくのも楽しみの一つとして取り組んでみてはいかがでしょうか。

DIY(自力)でできるトイレの節水術

トイレの節水はDIYでできるものもあります。毎日何度も使用するトイレなので、一度の作業で大きなメリットを得られます。コストパフォーマンスに非常に優れた取り組みと言えるでしょう。トイレの節水術はいくつかありますが、今回は物を使った方法と共にいくつか紹介していきます。紹介する方法全てを行うのではなく、まずはできることから一つずつ取り組むのもおすすめです。

・ペットボトルを使った節水術
タンク式のトレイの場合はペットボトルを用意するだけで簡単に節水できます。用意するものは2リットルのペットボトル1本のみです。ペットボトルに水を入れ、それをタンクに沈めます。それだけで十分な節水効果があります。ペットボトルを鎮めておくことで、その分タンクの容量が小さくなり、溜まる水が少なくなるのです。

トイレを流すとタンクに溜められている水が流れるため、溜まる水の量を減らすことで流れる水も少なくなる仕組みです。一回ごとに2リットルの節水になるため、積み重なることにより大きな効果を発揮してくれます。この方法は以前よくTVなどで紹介された方法です。

ただ、想定していない異物をタンク内に入れることになるため、想定外のトラブルが発生することがあります。タンク内の他の部品に当たって最悪破損させてしまったり、ペットボトルが朽ちてタンク内で詰まって水が流れなくなったりなどのトラブルがありえますので、その点を理解し、自己責任で実施してください。

・タンク式トイレ節水器ロスカットを使う
ホームセンターなどで入手できるタンク式節水器ロスカットを使うのも有効です。これもペットボトルと原理は同じでタンクに溜まる水の量を減らすものです。ロスカットを設置することにより、タンクに溜まる水の量を調節します。

一度設置すると、半永久的に節水効果が現れるため、非常に便利な商品です。ペットボトルの場合は前述のように内部の水が傷んで、タンクの排水溝をふさいでしまう恐れがあるものの、タンク式トイレ節水器ロスカットはそういった心配なく使い続けることが可能です。

・音姫を使う
排泄時に音を気にして水を流す方も多いことでしょう。水を流すとその分だけ光熱費がかかるため、それを防止することで節水につながります。とはいえ、排泄時の音が気になる方には音姫が有効です。後付けの商品も販売されているため、それを設置することにより不要な水洗は控えるようにしましょう。

・水に溶けやすいトイレットペーパーを使う
水に溶けやすいトイレットペーパーを使うのも節水につながります。溶けにくいトイレットペーパーを使用していると詰まりの原因になることはもちろんのこと、流すのに多くの水を必要とする場合もあります。少量の水でもしっかりと流せるように水に溶けやすいトイレットペーパーの使用をおすすめします。

トイレを交換するのも節約につながる

前述の通り最新式のトイレは省エネニーズに対応しているため流す水の量は少なく、使用電力も小さく済みます。古いタイプのトイレを使用していると流す水の量も多いため、最新のモデルに買い替えることで節約になる場合もあります。

・トイレ交換は業者への依頼が必要
トイレの交換は簡単な作業ではありません。便座の交換程度であれば自力でできる場合もありますが、トイレ本体の交換は業者に依頼した方がいいと言えます。予期せぬトラブルを予防するためにも、トイレの交換の際は専門の業者に依頼するようにしましょう。

トイレでお悩みのことがあればひょうご水道職人にお電話ください

ひょうご水道職人では、神戸市の他、姫路市、西宮市、尼崎市、明石市など兵庫県全域で水まわりのトラブルの解消をお手伝いしています。24時間365日年中無休でお電話を受け付けており、迅速にスタッフが現場に駆けつけ、原因に応じて適切に対応しています。水回りでお困りであれば、お気軽にお電話してみてください。

上矢印アイコン