トイレの便器の寿命はどのくらい?便器のひび割れの応急処置の方法についても紹介! | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.05.10

トイレのトラブル

トイレの便器の寿命はどのくらい?便器のひび割れの応急処置の方法についても紹介!



トイレの水漏れは便器の本体がひび割れていることが原因の場合があります。ひび割れにはいくつかの原因があります。ひび割れが分かった場合は、応急処置をして修理業者に連絡をしましょう。今回はトイレの便器のひび割れや水漏れについて紹介します。

トイレの便器の寿命について

トイレの便器の寿命について知ると、おおよその交換のタイミングが分かります。トイレの素材は耐久性に優れているので、寿命も長い傾向にありますが、便器にひび割れが起きている場合は、寿命がくる前に交換した方が良いでしょう。トイレの素材やひび割れが起こすトラブルについても詳しく解説していきます。

・素材について
トイレの素材は、昔から陶器が使用されています。陶器は強度が高く、経年劣化がしにくいので、トイレ本体にひびが入らなければ100年使えると言われています。また、陶器は水にも強いので、常に水が流れるトイレには最も適している素材です。

しかし陶器にはデメリットもあります。水垢が付きやすく、水垢は研磨ブラシで掃除する必要があるのです。それを解消するために近年では、撥水生がある「有機ガラス系素材」を使用したトイレも製造されています。

・トイレの便器の寿命
トイレの便器の寿命は、25年~30年と言われています。トイレの便器自体は、100年持つと言われていますが、トイレタンクや部品の方が劣化が早く、実際には25年~30年に一度交換が必要です。

また、一緒に住んでいる家族が多かったり、トイレの使用頻度が多かったりするともう少し早く寿命を向えることもあります。トイレの汚れが普段の掃除で落ちにくくなったり、ひびが入っていたりしたら、交換のタイミングでしょう。

・ひび割れが起こすトラブル
トイレのひび割れが起こすトラブルは、水漏れです。トイレには常に大量の水が溜まっているので、ひび割れしているところから水が漏れると、床が水浸しになってしまうこともあります。床や壁にカビが生えたり、アパートやマンションであれば階下漏水が起こったりと二次被害を引き起こす恐れもあります。水漏れは放置せずに、すぐに水道業者に相談しましょう。

便器のひび割れの原因とは?

ひび割れの原因のほとんどが外部からの衝撃です。トイレの便器は、外部からの衝撃には耐性がありません。物を落としたり、人が上に乗ったりするとひび割れが起きやすくなるので注意しましょう。

・利用回数が多い
便器のひび割れの原因は、利用回数が多いことも挙げられます。利用回数が多いトイレは、掃除の頻度も多い傾向にあり、タンクのフタを落としてしまったり、便器の上に重いものを乗せたりしてひび割れが起こります。

・地震などの衝撃
地震などの衝撃でひび割れすることもあります。トイレは外部からの強い衝撃を吸収することができないので、棚の上から硬い物が落ちると、ひびが割れてしまいます。地震に備えて、できるだけ棚の上には物を置かない方が良いでしょう。

また、地震で排水管にひびが入ることもあります。排水管のひび割れも水漏れを引き起こすので、大きな地震があった後は極力トイレの使用を控えましょう。

・熱湯によるひび割れ
熱湯によるひび割れで、水漏れを起こすことがあります。トイレの水が詰まったときや、トイレの汚れを落とすために熱湯を流すと、陶器にダメージを与えてしまいます。流すときは水かぬるま湯で対処してください。

便器のひび割れの応急処置の方法

便器にひびが入ってしまっても焦らないことが大切です。すぐにできる応急処置の方法を紹介しますので、参考にしながら進めてください。

・まず止水栓を閉める
まず止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めるとトイレタンク内への給水が止まり、作業中に水が噴出するのを防ぎます。止水栓は、マイナスドライバーや付属品の工具で回すと簡単に閉められ、ハンドルがある場合は手で回して閉められます。

・水を汲み出す
次にトイレの水をバケツや灯油ポンプで汲み出しましょう。ひび割れしている箇所から水が漏れてしまうので、できるだけ水位を減らすことが大切です。

・パテ埋めをする
水を汲み出したら、ひび割れを起こしている部分にパテ埋めをしましょう。パテはホームセンターで購入ができます。パテ埋めを効果的にするために、気になる部分の水分をしっかりと拭き取ってからパテを塗りましょう。また、あくまでパテ埋めは応急処置なので、トイレの使用は控えるようにしてください。

・応急処置が終わったら業者へ連絡
応急処置が終わったら業者へ連絡をしましょう。応急処置をしただけではトイレは使用できないため、応急処置が終わった段階で速やかに連絡する必要があります。

まとめ

便器にひび割れが起こり水が漏れてしまった場合は、すぐに業者に連絡をするのがおすすめです。兵庫県でトイレの水漏れでお困りの場合は、弊社へご相談ください。

対象地域
・神戸市
・姫路市
・西宮市
・尼崎市
・明石市

その他市町でも兵庫県内全域に年中無休、お電話一本で駆けつけます。兵庫県でトイレの水漏れでお困りの際には、ぜひ弊社にご連絡ください!

上矢印アイコン