トイレの床の水漏れを放っておくのはNG!原因にはどんなものがある? | 兵庫の水漏れ・トイレのつまり修理、水のトラブルはひょうご水道職人

0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

               
無料お見積り依頼 0120-492-315 24時間365日受付
0120-492-315

24時間365日受付 / お見積り無料

無料お見積り依頼はこちら

水のコラム

2021.05.10

シャワーのトラブル

トイレの床の水漏れを放っておくのはNG!原因にはどんなものがある?



トイレの床が水漏れしているのを放っておくと、後々の修理費用が高額になってしまったり、追加の修理が必要になってしまったりするなど多くのデメリットがあります。トイレの床の水漏れが分かった場合はすぐに水道修理業者に連絡をしましょう。今回はトイレの床の水漏れについて紹介します。

トイレの床が濡れている際の原因

トイレの床が濡れている場合、便器、タンク、便器と床の間、パイプなどから水漏れしている可能性があります。水漏れ箇所によってそれぞれ原因が異なるので、まずはどこから水が漏れているかを特定しましょう。

・便器のひび割れ
トイレの床が濡れている場合、便器にひび割れが起きている可能性があります。トイレは陶器製で強度が高いため、普段の使用でひび割れすることは、ほとんどありません。しかし重い物を落としたり、地震が起きたりすると、外部からの強い衝撃に耐えられず、ひびが割れてしまうことがあります。便器のひび割れは、自分で修理ができないので、水道業者に依頼が必要です。

・給水管・洗浄管の接続部分の不具合
タンクとの接続部分から水漏れしている場合は、給水管・洗浄管の接続部分の不具合が考えられます。給水管とは、トイレのロータンクに繋がっているパイプで、ロータンクに水を給水しています。

洗浄管は主に、和式トイレのようにロータンクと便器が離れている場合に設置されるパイプです。原因を特定するには、給水管とロータンクを繋ぐ部分のナットが緩んでいないか、ゴムパッキンが劣化していないかを確認しましょう。洗浄管がある場合には、タンクや便器との接続部分、間の継ぎ目をチェックしましょう。

・排水管の劣化破損
便器と床の間から水漏れしている場合、排水管の劣化破損が考えられます。排水管が劣化破損している場合は、使用後の汚水が漏れるので、床材に大きなダメージを与えてしまいます。また、悪臭の原因にもなるので、排水管の劣化破損に気付いたらすぐにトイレの使用は控え、水道業者に連絡をしてください。

・設置不良
便器と床の間から水漏れしている場合、設置不良も考えられます。排水管とトイレの便器の位置がずれていると、隙間から水が漏れてしまいます。漏れている水の色が、黄色や黒っぽい色をしている場合、汚水が漏れている可能性があるので、すぐに水道業者へ連絡を。

また、床材のダメージや悪臭を最小限にするため、業者が到着する前にしっかりと拭き取り、できればアルコール消毒もしておきましょう。

・タンクの不具合
トイレタンクから水が漏れ、床に溜まってしまっている場合は、タンクになんらかの不具合が生じています。タンク自体にひびが入っていないか、タンク内の部品で故障している物はないか、レバーは正常に動くか、タンクの底のパッキンには異常がないかなどを確認してください。

・便器接地面からの水漏れは墨汁で確認できる
便器接地面からの水漏れは墨汁で確認ができます。便器内に墨汁を数滴垂らしてしばらく様子を見てみましょう。便器と床の間から墨汁の混ざった水が漏れてきたら、便器接地面でなんらかの不具合が生じていると分かります。

トイレの床が濡れているとどんなトラブルが発生する?

トイレの床が濡れていると、カビの発生や床材の腐食、シロアリの発生など、深刻なトラブルを引き起こす可能性があります。床の水漏れは放置せず、すぐに水道業者に相談し、修理をしてもらうようにしましょう。

・カビの発生
トイレの床が濡れているのを放置すると、床や壁にカビが発生します。特に、マンションやアパートなどの賃貸は、階下の天井にカビが発生してしまい、他の住民に迷惑をかけてしまう恐れもあります。床が濡れていたらすぐに、乾いたタオルや雑巾で水分を拭き取り、カビ防止スプレーを吹きかけてください。

・床材の腐食
トイレの床が水に濡れていると、床材の腐食が進みます。フローリングの材料である木材は水に弱いため、腐食が進みやすいです。乾いたタオルや雑巾ですぐに拭き、窓を開けて風を通しましょう。

・シロアリの発生
床の水を放置し続けると湿度が高くなり、シロアリが発生します。シロアリは木材の劣化を加速させ、トイレだけではなく、家全体の木材にも影響を及ぼします。またシロアリが発生すると、トイレの修理だけではなく、シロアリの駆除も必要になってくるので注意が必要です。

まとめ

トイレの床が濡れていると気付いたら、すぐに原因を特定し、水道業者に相談しましょう。深刻な二次被害を引き起こす可能性があるので、床に溜まった水は放置しないようにしてください。兵庫県でトイレの床の水漏れなら弊社にお任せください!

対象地域
・神戸市
・姫路市
・西宮市
・尼崎市
・明石市

その他市町でも兵庫県内全域に年中無休、お電話一本で駆けつけます。兵庫県でトイレの水漏れでお困りの際には、ぜひ弊社にご連絡ください!

上矢印アイコン